ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る
絞り込み
表示順

歴史が12世紀にまで遡るシャトー

シャトー・クラークは、ボルドーのリストラック・メドックAOCにあります。シャトー・クラークの起源は、ヴェルトゥイユ修道院のシトー派修道士が初めて葡萄の樹を植えた12世紀にまで遡ります。その後、1818年に騎士のトビー・クラークが土地を購入し、自分の名前が永久に残ることになりました。その後、何度も受け継がれ、1973年にバロン・エドモン・ド・ロートシルトが土地を購入。放置されていた葡萄畑は1974年から1978年にかけて完全に整備され、最終的に54haのワイン生産地となりました。今日、葡萄の樹は粘土石灰質の丘の上に植えられており、メルローの葡萄が最高の状態で表現できるようになっています。




土地を忠実に反映

1978年にシャトー・クラークの最初のヴィンテージが瓶詰めされて以来、ワインの品質向上はとどまるところを知りません。古い建物は修復され、ワイン造りに使用される技術や設備は最新のものが導入されました。特に、栽培とワイン醸造の方法には細心の注意が払われており、最も厳しい管理が行われています。手摘みされた葡萄は丁寧に運ばれ、セラーで入念に選別された後、重力によって見事な木製のタンクに入れられるのです。その後ワインは新樽で熟成されます。このように、シャトー・クラークのワインは、このワインを造った土地を忠実に反映したもので、凝縮感があり、際立っています。力強さとアロマの複雑さが同居しており、熟成のポテンシャルも高いのです。




エドモンの最後の休息地

畑はカベルネ・ソーヴィニヨン(48%)、メルロー(42%)、カベルネ・フラン(8%)、プティ・ヴェルド(2%)で構成され、石灰質地盤の粘土に植えられています(間隔:6060本/ha)。伝統的な葡萄樹の仕立て方法で、剪定はドゥブル・ギュイヨで行っています。植樹前に全面的に排水し、1987年から1989年の間に葡萄の樹が成熟した時点で再度排水しました。植樹は1974年に始まり、1978年に完了。熟成は12~18カ月樽で行い(新樽率60%)、清澄は卵白で行います。エドモン・ド・ロートシルトの死後、ドメーヌは息子のバンジャマンとアリアーヌ・ド・ロートシルトに継承されました。エドモンはシャトー・クラークを最後の休息地として選び、シャトーの敷地内に埋葬されています。1997年以降、バンジャマンとアリアーヌはエドモンの伝統を受け継ぎ、卓越性に対する情熱を伝えてきました。

続きを表示 ▼

申し訳ございません。お探しのキーワードに該当する商品はございませんでした。

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。