ITEMS IN CART

合計金額 : (税込)
VIEW CART
カートの中身は空です
新着アイテムを見る
絞り込み
表示順

歴史が12世紀にまで遡るシャトー

シャトー・クラークは、ボルドーのリストラック・メドックAOCにあります。シャトー・クラークの起源は、ヴェルトゥイユ修道院のシトー派修道士が初めて葡萄の樹を植えた12世紀にまで遡ります。その後、1818年に騎士のトビー・クラークが土地を購入し、自分の名前が永久に残ることになりました。その後、何度も受け継がれ、1973年にバロン・エドモン・ド・ロートシルトが土地を購入。放置されていた葡萄畑は1974年から1978年にかけて完全に整備され、最終的に54haのワイン生産地となりました。今日、葡萄の樹は粘土石灰質の丘の上に植えられており、メルローの葡萄が最高の状態で表現できるようになっています。




土地を忠実に反映

1978年にシャトー・クラークの最初のヴィンテージが瓶詰めされて以来、ワインの品質向上はとどまるところを知りません。古い建物は修復され、ワイン造りに使用される技術や設備は最新のものが導入されました。特に、栽培とワイン醸造の方法には細心の注意が払われており、最も厳しい管理が行われています。手摘みされた葡萄は丁寧に運ばれ、セラーで入念に選別された後、重力によって見事な木製のタンクに入れられるのです。その後ワインは新樽で熟成されます。このように、シャトー・クラークのワインは、このワインを造った土地を忠実に反映したもので、凝縮感があり、際立っています。力強さとアロマの複雑さが同居しており、熟成のポテンシャルも高いのです。




エドモンの最後の休息地

畑はカベルネ・ソーヴィニヨン(48%)、メルロー(42%)、カベルネ・フラン(8%)、プティ・ヴェルド(2%)で構成され、石灰質地盤の粘土に植えられています(間隔:6060本/ha)。伝統的な葡萄樹の仕立て方法で、剪定はドゥブル・ギュイヨで行っています。植樹前に全面的に排水し、1987年から1989年の間に葡萄の樹が成熟した時点で再度排水しました。植樹は1974年に始まり、1978年に完了。熟成は12~18カ月樽で行い(新樽率60%)、清澄は卵白で行います。エドモン・ド・ロートシルトの死後、ドメーヌは息子のバンジャマンとアリアーヌ・ド・ロートシルトに継承されました。エドモンはシャトー・クラークを最後の休息地として選び、シャトーの敷地内に埋葬されています。1997年以降、バンジャマンとアリアーヌはエドモンの伝統を受け継ぎ、卓越性に対する情熱を伝えてきました。

続きを表示 ▼

  • 1. リマペレ ピノ・ノワール (2019)× 6本 テイスティングノート 紫色が反射する濃いチェリーと深みのあるルビー色。複雑な芳香は、ブラックベリー、スパイス、ほのかな乾燥した松葉を伴う。魅力的な赤果実の核は、すばらしく調和したエレガントなオークの含みが支え、美しく長い組成へと続く。 相性の良い料理 アペリティフとして、また鶏肉などの白肉、仔牛、ソースがけの肉料理(トリュフ、モレル)、チーズなどと好相性。

    葡萄品種 100% ピノ・ノワール サステイナブル認証 サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド 2. グラン・マルベック (2017) × 6本 テイスティングノート アルゼンチン産赤ワイン。マルベック品種典型の濃いスミレ色。ノーズは表情豊かで、プラムとチェリーに、ウコのマルベックの特徴的なスミレの花のアロマが支配する。口に含むとアタックはまろやかで滑らか、洗練された濃厚なタンニンの見事な核を感じる。 相性の良い料理 グリル肉、フランス産チーズなどと好相性。 葡萄品種 100% マルベック 3. シャトー・クラーク (2013) × 6本 テイスティングノート フランス産赤ワイン。縁が深い紫色をした美しい深紅色。濃厚かつ複雑。ノーズはフレッシュな果実のアロマ(カシス、ブラックチェリー)、エレガントなオーク、ほのかなメントールとリコリスを示す。味わいはまっすぐで、まろやか。リッチで凝縮したビロードのようなタンニンのテクスチャーに、美しい酸味のバランスとフレッシュさをもたらす。見事。 相性の良い料理 グリルした肉、ソースを使った肉料理、チーズの盛り合わせなどと好相性。 葡萄品種 メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30% 4. シャトー・デ・ローレ (2016)× 6本 テイスティングノート フランス産赤ワイン。透明な紫色。素晴らしくフレッシュなノーズは、黒果実の含みを表す。ほのかなシーダーがモレロチェリーのアロマと混ざり合う。エレガントな味わいに肉厚なアタックから見事な風味が広がる。洗練されたビロードのように滑らかなタンニンが、すっきりした黒果実を連想させる。全体的に控えめな木とほのかなリコリスが強調されていて、余韻の長い後味が続く。フレッシュな味わいがとても心地よい、また10年以上の高い熟成のポテンシャルを持つ。 相性の良い料理 前菜、白または赤肉(仔牛のロールや牛肉)のグリルやソース添え、上質なチーズと好相性。 葡萄品種 80% メルロー、20% カベルネ・フラン
  • 1. リマペレ ピノ・ノワール (2019)× 6本 テイスティングノート 紫色が反射する濃いチェリーと深みのあるルビー色。複雑な芳香は、ブラックベリー、スパイス、ほのかな乾燥した松葉を伴う。魅力的な赤果実の核は、すばらしく調和したエレガントなオークの含みが支え、美しく長い組成へと続く。 相性の良い料理 アペリティフとして、また鶏肉などの白肉、仔牛、ソースがけの肉料理(トリュフ、モレル)、チーズなどと好相性。 葡萄品種 100% ピノ・ノワール サステイナブル認証 サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド 2. シャトー・クラーク (2013) × 6本 テイスティングノート フランス産赤ワイン。縁が深い紫色をした美しい深紅色。濃厚かつ複雑。ノーズはフレッシュな果実のアロマ(カシス、ブラックチェリー)、エレガントなオーク、ほのかなメントールとリコリスを示す。味わいはまっすぐで、まろやか。リッチで凝縮したビロードのようなタンニンのテクスチャーに、美しい酸味のバランスとフレッシュさをもたらす。見事。 相性の良い料理 グリルした肉、ソースを使った肉料理、チーズの盛り合わせなどと好相性。 葡萄品種 メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30% 2. シャトー・デ・ローレ (2016)× 6本 テイスティングノート フランス産赤ワイン。透明な紫色。素晴らしくフレッシュなノーズは、黒果実の含みを表す。ほのかなシーダーがモレロチェリーのアロマと混ざり合う。エレガントな味わいに肉厚なアタックから見事な風味が広がる。洗練されたビロードのように滑らかなタンニンが、すっきりした黒果実を連想させる。全体的に控えめな木とほのかなリコリスが強調されていて、余韻の長い後味が続く。フレッシュな味わいがとても心地よい、また10年以上の高い熟成のポテンシャルを持つ。 相性の良い料理 前菜、白または赤肉(仔牛のロールや牛肉)のグリルやソース添え、上質なチーズと好相性。 葡萄品種 80% メルロー、20% カベルネ・フラン
  • セット

    フレシャス・デ・ロス・アンデス

    ¥72,204(税込)

    1. シャトー・クラーク (2013) × 6本 テイスティングノート フランス産赤ワイン。縁が深い紫色をした美しい深紅色。濃厚かつ複雑。ノーズはフレッシュな果実のアロマ(カシス、ブラックチェリー)、エレガントなオーク、ほのかなメントールとリコリスを示す。味わいはまっすぐで、まろやか。リッチで凝縮したビロードのようなタンニンのテクスチャーに、美しい酸味のバランスとフレッシュさをもたらす。見事。 相性の良い料理 グリルした肉、ソースを使った肉料理、チーズの盛り合わせなどと好相性。 葡萄品種 メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30% 2. グラン・コルト (2014)× 6本 テイスティングノート アルゼンチンを代表するマルベックの特徴、スミレとプルーンの香りを示す。シラーは、半砂漠気候で育ち、すばらしいミネラルとスパイスを持つ。マルベックとシラーは濃く力強い。エレガンスと柔らかいタンニンとバラの香りはカベルネ・フランがもたらす。すべてが調和し、複雑味と優雅さを持つ見事なワイン。 相性の良い料理 グリルした肉やフランス産のチーズなどと好相性。 中華料理: ブラックペッパーで味付けした肉炒め 日本料理:肉の鉄板焼き 韓国料理:甘さ控えめのブルコギと好相性。 葡萄品種 60% マルベック、20% カベルネ・フラン、20% シラー
  • 1. リマペレ ピノ・ノワール (2019)× 6本 テイスティングノート 紫色が反射する濃いチェリーと深みのあるルビー色。複雑な芳香は、ブラックベリー、スパイス、ほのかな乾燥した松葉を伴う。魅力的な赤果実の核は、すばらしく調和したエレガントなオークの含みが支え、美しく長い組成へと続く。 相性の良い料理 アペリティフとして、また鶏肉などの白肉、仔牛、ソースがけの肉料理(トリュフ、モレル)、チーズなどと好相性。 葡萄品種 100% ピノ・ノワール サステイナブル認証 サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド 2. シャトー・クラーク (2013) × 6本 テイスティングノート フランス産赤ワイン。縁が深い紫色をした美しい深紅色。濃厚かつ複雑。ノーズはフレッシュな果実のアロマ(カシス、ブラックチェリー)、エレガントなオーク、ほのかなメントールとリコリスを示す。味わいはまっすぐで、まろやか。リッチで凝縮したビロードのようなタンニンのテクスチャーに、美しい酸味のバランスとフレッシュさをもたらす。見事。 相性の良い料理 グリルした肉、ソースを使った肉料理、チーズの盛り合わせなどと好相性。 葡萄品種 メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%
  • 赤ワイン

    辛口

     

    バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト

    葡萄品種:

    カベルネ・ソーヴィニヨン, メルロー

    ¥6,171(税込)

    フランス  ボルドー  リストラック

    テイスティングノート 縁が深い紫色をした美しい深紅色。濃厚かつ複雑。ノーズはフレッシュな果実のアロマ(カシス、ブラックチェリー)、エレガントなオーク、ほのかなメントールとリコリスを示す。味わいはまっすぐで、まろやか。リッチで凝縮したビロードのようなタンニンのテクスチャーに、美しい酸味のバランスとフレッシュさをもたらす。見事。

    合う料理 グリルした肉、ソースを使った肉料理、チーズの盛り合わせなどと好相性

    葡萄品種 メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%

  • 赤ワイン

    辛口

     まとめ買い

    バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト

    葡萄品種:

    カベルネ・フラン, シラー, マルベック

    ¥9,900(税込)

    アルゼンチン  メンドーサ

    フレシャス・デ・ロス・アンデスという名のワイナリー(ボデガ)は、メンドーサ地方のアンデス山脈の麓の偉大なるテロワールを探究した結果、バロン・ベンジャミン・ドゥ・ロートシルトとローレン・ダッソルトとのパートナーシップが結ばれワイナリーの誕生に至った。フレシャス・ロス・アンデスすなわち「アンデスの矢」は、ロートシルト家のシンボルである5本の矢を示す。(創業に携わった家系の5人の兄弟を象徴している。) ロートシルト家とダッソー家両家共に最上のワイン造りに焦点を当てている。

    ワイナリーは2003年に建立され、2004年の収穫より創業開始。フレシャス・デ・ロス・アンデスのセラーはボルドーの両パートナー(シャトー・クラーク、シャトー・ダッソー)の経験から得た全知識の貯蔵庫といえる。どの年においても、収穫、選別共に手作業で行われ、最新技術を導入した機械を使用して最高品質を作る要件の下発酵が行われる。アンデスの麓、メンドーサから120キロ南に位置し、このユニークなテロワールにおいてマルベック品種は主要品種である。このワインは丹精込めて造られ、マルベックを主体としたブレンド「グラン・コルテ」が世界規模での展開を志している。

    テイスティングノート アルゼンチンを代表するマルベックの特徴、スミレとプルーンの香りを示す。シラーは、半砂漠気候で育ち、すばらしいミネラルとスパイスを持つ。マルベックとシラーは濃く力強い。エレガンスと柔らかいタンニンとバラの香りはカベルネ・フランがもたらす。すべてが調和し、複雑味と優雅さを持つ見事なワイン。

    合う料理 グリルした肉やフランス産のチーズなどと好相性。中華料理: ブラックペッパーで味付けした肉炒め 日本料理:肉の鉄板焼き 韓国料理:甘さ控えめのブルコギ

    葡萄品種 60% マルベック、20% カベルネ・フラン、20% シラー

商品をカートに追加しています。
しばらくお待ちください。

商品が追加されました。